EtherCAT Master Stack

EC-Master は、異なる組み込み(リアルタイム)オペレーティングシステム上での動作用に設計され、最適化されたマスタースタックです。導入実績のあるオペレーティングシステムには、Windows CEVxWorksOn Time RTOS-32、QNX、RTX、INtime®、Integrity、Linux、TKernelWindows® XP/7が含まれます。また、評価用として、Windows XP 用の非リアルタイム ソリューションが用意されています。この評価版では、市販のネットワーク カードをお使いいただいて、PC と EtherCAT モジュールを接続します。 EtherCAT マスタースタックは、他の組み込み用オペレーティングシステムに移植できます。

機能的メリット:

  • 各種オペレーティング システムや、リアルタイム 拡張済みのWindows 上で、すぐに使用できるインスタントソリューションです。
  • 他の組み込みオペレーティング システムへの移植が容易です。
  • モジュール設計、個別調整機能を容易に実装できます。
  • acontis 社はサポートサービスも提供しているため、カスタム制御システムの構築するためのプロフェッショナルパートナーシップを得られます。システムインテグレーション全体の構築の要望も承っています。
  • 信頼性のある安定した実装を実現します。EC-Master マスター スタックは、KUKA 社のRobot Control や Lenze-Digitec の制御系に採用され、現在も稼働中です。

Software Architecture

  • Application Interface Layer: Interface to the EtherCAT master.
  • EtherCAT Master Core: The main EtherCAT master functionality in the core layer. All protocol handling, e.g. process data transfer and mailbox protocols (CoE, EoE, FoE, SoE) are executed here.
  • Ethernet Link Layer: Data exchange between master and slaves. Zero-copy and/or polling techniques together with the core layer are supported to achieve best real-time performance and minimize CPU load.
  • Configuration Layer: An OS independent XML parser supports the General Exchange Format defined in the EtherCAT specification.
  • Operating System Layer: The only OS specific layer. All operating system calls are executed here. To achieve best performance the most functions can be implemented using simple "C"-language macros.